社会保障費抑制で「年金68歳」案

財政制度審議会(財務省の諮問機関)は、高齢化に伴って増え続ける医療や介護などの社会保障費の抑制について議論を始めた。財務省は、財政の負担を軽くするため、公的年金の支給開始年齢を現行の原則65歳から68歳に引き上げたり、医療や介護サービスの利用者負担を増やしたりする案を示した。公的年金を巡っては、2035年以降に人口が多い団塊ジュニア世代が支給開始年齢の65歳を迎えるため、支給額の急増が見込まれている。

トップページに戻る
あおぞら社会保険労務士・行政書士事務所
〒254-0807 神奈川県平塚市代官町10-14
ネオシティ湘南平塚301
TEL: (代)
FAX: 0463-24-5079